わくわく冒険記  FFXIV/PSO2

わくわく冒険記  FFXIV/PSO2

新生FFXIVの日記、魚釣り

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

ゲームPCの選び方講座(初心者用)序章①

ゲームPCの選び方講座(初心者用)序章①

    私自身はPC上級者ではありません。
”好きこそ物の上手なれ!”解らない処を知りたいって気持ちは大きくて調べるのは好きです。
自作PCが好きです。今まで4台くらいしか自作してませんが、自作して解ってくる感じてくるって
事が多いです。

 多くのPC解説サイトがありますが、初心者には解りにくいです。
   私はPC音痴の方に解りやすい解説をしたいんです。
 私自身も、過去に調べた事とか忘れたりしますので、自分でも参考できるコンテンツに
 したいと考えます。


ではでは開始します。

まず、PC音痴さんは、基本中の基本のPCの作動のイメージを掴んでもらいたい。

 PCシステム1


実際は複雑なんですが、超!はしょって解説すると、まずはゲームPCでの性能を決定つけるのは
当たり前ですが【CPUとグラボ(GPU)】の相性バランスが重要ですね。

     CPU              グラボ(GPU)

  ゲームデータを読み込み         CPUが作った指示によりグラフィックを作る
  グラフィックの構成や効果        様々なGC効果も処理します。
  動きを指示するデータを        CPUでもできるのですが大変な作業  →モニター出力 
  計算する。               なので、専門分野化した訳ですな。
      ↓            
    構成計算した結果は           ↑
     メインメモリーに格納  → → → → →       
                ここの流れがグラボ性能より遅いとバランス悪い訳ですな 
   
他のパーツ(メインメモリ、HD、電源、モニタ、チップセット、etc)
ドライバー (各パーツの作動の仕方を支持するソフト)
ダイレクトX (グラフィックを作る言語命令)

   等は、このCPUとグラボ(GPU)の能力をより引き出す環境作りパーツと考えればいいですね。
        (これらの解説をしだすとPC初心者は訳解らなくなるので、追々徐々に)


さて、いきなりですが、現在主流のCPUの性能ランキングとCPU単体価格
     (実際はもっともっといろんな種類ありますけど。)

1 Intel Core i7-3970X        93,600
2 Intel Core i7-3960X        86,490
3 Intel Core i7-3930K        48,680
4 Intel Core i7-3770K       29,990
5 Intel Core i7-2600K        26,380
6 Intel Core i5-3570K        20,470
7 Intel Core i7-3820         27,740
8 AMD  AMD FX-8350       17,140
9 Intel Core i5-2500K         21,475
10 Intel Core i7-950         14,800

1位~3位は高価格でPCマニア向けです、現在の主流は4位のi7-3770Kです。

  では試しに

i7-3770Kと幾つかのグラボの組み合わせ比較でFF14ベンチを示してみる。
    (データはドスパラのゲーム用PC製品から転記)


                    Low   High    製品価格
Core i7-3770K   GTX680     6905  6267    137,980
          GTX660Ti     6948  5778    107,980
           GTX650      4326  2343     82,980
           HD7970     7116  5655     154,980

         GTX680 2枚組    6379  5091     259,980

あれれ GTX680 2枚組が性能悪いじゃんって思うけど、これはFF14はDirectX9ってもので作られてるので
グラボ2枚組には対応しない大人の事情があります。(但し、フルスクリーンモードでは対応します。)

それと、このFF14ベンチの数値が もっと高くても良さそうだと思うのだけど
                   後でもっと調べてみます

これ見ると Core i7-3770KとGTX680の組み合わせがバランス良さそうですね。欲しいですね~
             AMDのHD7970は特徴の違いありまね~

     i7-3770Kがどこまでグラボ性能を引き出せるのかって事ですが、これはまた後日
  
      私ならコスパを重視したいGTX660Tiを選びたくなるかな~~

      ここで、自分の選択意志を示しましたが、
      PCは個人の感じる価値観がけっこう違うんです
             私はGTX660Tiがいいな~と言いましたが、
             GTX680じゃないと満足できないって方も大勢いるかと思います。
  
 PC選びは自分の満足できるPC性能レベルの設定でもあるわけですな~

次に重要ですが、FF14ベンチマークはあくまで目安にすぎないです
            (重要度50%くらいで考えた方がいいです)

現実にFF14を作動させると、ベンチマークでは現れない場面が多々あるわけで、
    ベンチマーク数値≠体感なのです。

それが顕著に表れるのは、ハードディスクからSSDに交換した時です、ベンチマーク値は少し増加ですが、
快適度がぐぃっと良くなったと体感できます。なんせ自分のPCに入ってるマップデーターや各種の
GCデータの読み込みが早いので、気持ちよく感じる事ができます。


 また重要なことですが、今ここでは、FF14でのパソコン選びを意識してますが。
 ゲームタイトルによって、CPUとグラボの作動バランスが違うのです

 例えばPSO2はCPUよりグラボ性能が顕著に表れるので、CPUよりグラボにコストを投入した方が
 快適となります。

 FF14も新生になりますので、新生FF14での動作検証が楽しみです。
 
 コストパフォーマンスを求めるとなるとゲームタイトルによって考えが違ってきます。
 
 私のPC講座では、マニア向けPCは置いといて、標準的PCとコスパ重視PCについて
      解説していきたいと思います。

                    新生FF14もまだなんで 第1回目はこの辺で~~


  今後、書きたいテーマ
      〇新生FF14ベンチマークデーターの収集記録
      〇マザーボードの解説
      〇メインメモリーの解説
      〇ゲーム向けバイオス設定やOS設定の解説
      〇電源の電圧安定について
      〇グラボの構成とドライバー設定
      〇新製品の情報と解説
      〇各PC規格の将来性について
      〇MMO向け周辺機器
      〇超、ローコストゲームPC自作に挑戦 
                      などなどキリがないです。w
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。